Woman.excite
ブログトップ | ログイン

牛小間とカラフルパプリカのピリ辛炒め oishii

d0104926_2340331.jpg


ご飯が進むおかずがほしい!
そんな気持ちで作りました。

食べてびっくり!
このソースのバランスが絶妙!

オリンピックの体操競技でぴたっと最後の着地が決まるあの感じ。(笑)
他の肉と野菜の炒め物にも十分応用していただけます!(レシピの中ではBのことです。)

昨日のお料理教室で使ったカラフルパプリカが2個残っていたのでそれを使いました☆
たけのこの水煮もひっそり冷蔵庫の中で出番待ち!
そして、今日はがっつり牛肉気分!
そして最後はちょうど使い切り間近な豆板醬があったのでこちらも加えてみたら、きりっと味を引き締めてうまうまでした!

あ!!!牛小間が手に入らない~~とあきらめかけたそこの海外在住のみなさん。(笑)
ステーキ肉を細切りにしたり、豚肉や鶏肉でも美味しくできるのでぜひ代用して作ってみてください☆

下準備を整えておけば、作るのは一瞬!(笑)
朝準備、食べたいときにささっと作れる見た目もカラフル!元気いっぱいの男子も女子も大好きな1品です!

よかったら応援お願いします。いつもありがとう!


レシピブログに参加中♪





材料 たっぷり4人分

牛こま切れ肉 400g

パプリカ 赤 1個
パプリカ 緑 1個 (ピーマン2個で代用可)
たけのこ 水煮 1個 230g

サラダ油 大さじ3
片栗粉 大さじ2

A
しょうゆ 大さじ1
酒 大さじ1

B
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ2
オイスターソース 大さじ2
砂糖 小さじ1
豆板醬 小さじ1/2~

作り方
1、ボウルに牛こまを入れ、Aを加えて手でしっかり揉み、片栗粉も加えて馴染ませる。
2、フライパンイサラダ油 大さじ2を熱し、1を入れて中火でさっと炒め、別の皿に取り出す。(しっかり火は通さなくてOK.)
d0104926_23475823.jpg

3、パプリカは縦に細切り、たけのこの水煮は食べやすく先のほうは切り、下の部分は太目の千切りにする。
4、2のフライパンにサラダ油大さじ1を加え、3を加えて炒め、2の肉を戻して強火で炒める。
5、4の中によく混ぜ合わせたBを加えて具材にソースが絡めて完成。
d0104926_2349413.jpg

あつあつご飯にぴったり!
食欲の春!3月のスタートです♪
d0104926_23481935.jpg


ポイント
豚肉、鶏肉ででも美味しく代用可
2の工程では肉には8割火を通し、最後野菜と一緒に炒める時に完全に火を通すようにすると肉も柔らかく仕上がります!

こちらから印刷できます☆
【印刷用】牛小間とカラフルパプリカのピリ辛炒め←こちらからレシピのみ印刷できます♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ドリーミアクラブ連載【エリオットゆかりのイギリス流 心豊かな毎日】更新しました♪

ガールズたちと楽しく私も童心に戻りました♪
やっほ~~☆
d0104926_4371373.jpg

こんなそっくりさんにも会いました><ケラケラ~~~♪
d0104926_23354460.jpg


ロンドンでお誕生日☆←こちらからレシピご覧いただけます☆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
昨日は充実のハッピー料理教室!
秘密のビューティートークやヘルシー料理でみんなで盛り上りました!
d0104926_2357252.jpg

きらきら指数が急上昇!
こんな8種類の野菜のたっぷり入ったお花畑スープでびゅーてぃふる~☆
d0104926_2522721.jpg

様子は後日レポします!

今夜はパーティータイムです!
今からTHE和食を思う存分作って楽しみます!
そんなわけで今日も超すっきり短い記事投稿ですが、明日は倍の勢いで更新予定なので覚悟☆(笑)

みなさんも楽しい日曜日お過ごしくださいね♪
よかったらお帰りに応援お願いします!いつもありがとう☆



レシピブログに参加中♪

【連載&その他】
ドリーミアクラブ連載【エリオットゆかりのイギリス流心豊かな毎日】←イギリス情報満載♡
タベラッテ【エリオットゆかりの簡単おしゃれごはん】←おしゃれごはん大集合
動画でレッスン♪【エリオットゆかりのおもてなし教室♪】←たくさんのレシピがお待ちしてます♪
フェイスブック
ツイッター
by elliottyy | 2014-03-02 00:02 | 牛肉
woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム