Woman.excite
ブログトップ | ログイン

Japan Tsunami Appeal チャリティーイベント

土曜日はJapan Tsunami Appeal チャリティーイベント。

水曜日の朝まではただ涙があふれるだけの毎日でしたが、この日の朝、ドキドキしながらも区役所に足を運んで実際どういう手順を踏んだら場所を借りられるのか聞いて友達2人と一緒に踏み出した。

時間がないから翌週の土曜日は?と言う提案もあったけど、自分の本能が頑固にもどうしても今週の土曜日にやりたいと言っている。

土曜日まであと3日。

いろいろな段取りを踏まなければならない。

気が遠くなる。

でも、一人じゃない。

こんなときは頭の回転もいつもの半分以下だから、なかなか的確な役割分担を決めることすら難しい。

場所確保、そしてチャリティーへの登録、周りへの応援のお願い、そしてこのイベントを知ってもらうための広報活動などなど。。。

行動開始。
手分けをして取り掛かる。

普段携帯電話はあまり使わない私だけど、今回は大活躍。

ひっきりなしに電話やメールが入ってくる。

ますます頭の中は混乱してくる。

落ち着け!と自分に言い聞かせるけどやることが1秒ごとに思いついて、、、何からやってよいのか、、、ちょっとあたふた。。。

目先の事をこなしながら友達と連絡し合って、ひとつずつクリアになって行くのはうれしい。

周りのみんなからも、こんなことできるから当日お手伝いしますと連絡も入り始めてモチベーションも上がってくる。

走り回ってポスター貼ってもらったり、借りる場所へ下見に行って書類に記入したりしていたら、あっという間に1日がたっていく。

前日はお料理の買い出しや準備。
全く予想のつかない人出。

どのくらいお料理用意していいのだろうか、、、

お寿司、ミニ春巻き、鶏のから揚げチリソース。

棚の中に売っていたチキンレッグ全部買い占めた。(苦笑)
食べやすく処理されているお肉の方が時間は短縮だけど、値段を考えると自分で手間を惜しまずお肉を骨から外した方が値段は安い。その分で募金も出来るし。

あまり力を入れすぎて、包丁の刃を折ってしまった><自分の力の強さにもビックリした・・・初めての経験。。。

当日は朝から揚げものタイム・・・

春巻きとから揚げ合わせて3時間近く揚げっぱなし。家の中どこへ行ってもいいにおい。

イベント開始は10時から。
9時半から現地で準備開始できるので、他の方に現地はお願いして、家に残ってお料理作り続けます。

仙台出身の友達も駆けつけてくれて、本当に信じられないようなお話にただただ言葉を失いました。
今日は絶対成功させよう!

外は晴天!
d0104926_23581737.jpg

大丈夫!きっときっと!!

最後に出来た食べ物を持って友達の車で現地に向かいます。

そこに着くまで、ドキドキ。
どうしよう、、人がいっぱい来てくれるかな。
お料理は作りすぎてないかな?

場所は午後からは人通りのあるメインストリートですが、午前中から2時までは駐車場の隣に隣接されたホール。かなり宣伝活動をしないと目立たない。

おそるおそる場所を見るとたくさんの人がいる!!

よかった!本当によかった!!!

お天気が良かったからホールのお庭を使えました。

一歩一歩近づいていくと、近くの友達、そしてロンドンから来てくれた友達、懐かしい何年ぶり?と言う友達や知り合い、お料理教室に来てくださった生徒さんそしてはじめましての方も。
みんな「何かやりたいと思ってたからこういう機会があって嬉しい」と言ってくださって自分の得意分野のコーナーで実力発揮!
そしてイギリス人をはじめとしたイベントに参加していろいろな日本の文化を体験してくれている皆さんの姿。

目の前にそんな光景を見ることができて不安な気持ちが飛んで行った。

今までならそんな光景を見たら涙が出てきたけど、この日は涙は出なかった。

ローカルラジオでも30分置きぐらいに定期的に宣伝してくださいました。
そして、ローカル新聞の方も取材に来てくれました。
あふれんばかりの人出に感謝。

普段は曇りがちなイギリスのお天気だけど今日は味方してくれた!ありがとう。

茶道が出来る方が応援に来てくださり、室内のホールで実演してくださったり、外では楽器の演奏、剣道のデモンストレーション、募金箱をもって呼びかけてくれる方、お習字や折り紙の体験コーナーも。

着物や浴衣姿、剣道デモンストレーションなどで日本を強調してくれたみなさんもありがとう。

d0104926_0284417.jpg
d0104926_029149.jpg
d0104926_0292992.jpg

中にはこんなコーナー。体脂肪量れます。
d0104926_0303631.jpg

指圧コーナーもありました。

募金しながら、大変だったね。日本の皆さんは大丈夫?と聞いてくださったかた。
まさかと思うようなティーンエイジャーの子もポケットからあるだけの小銭を募金箱に入れてくれました。
お札も惜しみなく入れて下さる方が本当にたくさん。

バイオリンの演奏中、前を通り過ぎた老婦人は最初にもお金を入れてくださって、その後しばらくして戻るときにもまた寄付を下さったそうです。

ロンドンから来てくれたお友達や旦那様も寒い中一日中たちっぱなしで協力してくれました。
そしてイベントで頑張る皆さんへの差し入れをしてくれた友達は臨月。いつ生まれてもおかしくない体なのに、応援しに来てくれました。

短時間の無謀な企画を一緒に実現してくれた広報やチャリティー登録などをしてくれたMちゃん、カウンシルとの連絡や当日の指示などしてくれたYちゃんありがとう。
お手伝い下さった子供たちや大人の皆さん、そしてイベントに駆けつけて下さったみなさん。本当にありがとうございました。

遠くにいて出来ること限られていますが少しでも日本のみなさんのお役にたてたらうれしいですね。
チャリティーイベント義援金については改めてご報告させていただきます。

d0104926_2563081.jpg


カウンシルによってイベントをするにあたっての規制が違うので、申し訳ありませんがイベントに関してのご質問にはお答えできません。
こんな事態なので、親切に対応していただけると思うので、企画などされているかたは直接開催予定の地域のカウンシルにお聞きするのが一番近道だと思います^^

この日に限って車が途中から故障してしまいました。
お友達が車に乗っていく?と聞いてくれたけどなんだか歩きたい気分。丁寧におことわりして、こんな景色を見ながら歩いて帰りました。
d0104926_0475647.jpg


この日頂いた義援金はBritish Red Cross  Japan Tsunami Appeal の方に寄付させていただきました。当日お手伝いいただいた皆様、そして聞きつけて来てくださった皆様ありがとうございました。
by elliottyy | 2011-03-21 02:46 | つぶやき
woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム